肝臓もガスと関係もしている

腸内の菌のバランス

もともと体内で発生するガスは、腸内にたまります。そして、それはオナラとして出るのと、口から出るのに別れます。大体は口から出ていっているのです。その場合に、もしも腸内に悪玉菌が多くあるとそれだけ匂いが臭くなりやすいのです。オナラも臭くなるし、また強い口臭として出ていってしまうのです。

逆に善玉菌が多ければ、それだけ匂いも押さえられて、あまり臭くならないそうです。匂いが1つのバロメーターとなっています。排便時などに匂いが気になるようでしたら、腸内が善玉菌と悪玉菌のバランスも崩れているのかもしれません。

肝臓との関係とは

では、ガスは肝臓とも関係しているのでしょうか。肝臓は、アルコールの分解だけでなく、胆汁を生成します、この胆汁の働きは、脂肪の分解や吸収を促進する働きを持っています。私たちは、食の欧米化も進み、それだけ多くの肉も食べるようになりました。するとそれだけ脂肪も体内に取り込むようにもなりました。

ところが、胆汁が肝臓の働きが悪くなったり、弱くなったりして、その量が少なくなると、それだけ脂肪も吸収されなくなってしまいます。すると、食べ物のカスとして、腸内にたまりやすくなり、そのぶん、腐食も進んでガスの量も増えてしまいます。

その結果、オナラの量が増えたり、またそのぶん悪玉菌でも増えやすくなるので匂いが臭くなったりします。あと、便秘にもなりやすくなるといったこともあります。
あと、そのたまったガスが逆に体内にも吸収されてしまい、それが肝臓の働きをさらによわらせてしまい、また胆汁が出にくくなんてことに繋がったりすることもあります。

肝臓もやはり関係しています。確かに腸とは関係していることは誰もがわかっていても、肝臓までもがとは気づいていない人もいるかもしれません。普段は腸内を整えようと、野菜をとったり、ヨーグルトをとる人も多いでしょう。

しかし、その一方でお酒を飲んでいて、負担をかけていたら、結局は肝臓が絡んでいて悪い影響をおよぼしているなんてこともあります。こうなっては腸内を整えている効果は得られません。せっかくですので、この際に肝臓にも負担をかけすぎないような生活にしてみてはどうでしょうか。