体内のガスの匂いを抑えよう

オナラと口臭になって排出されてしまう
体内、特に腸には腸内ガスと呼ばれるものが存在します。その働きとしては、実は腸の働きを促進して、さらに便を排出させるのに役立っています。ですので存在することは、悪いことではありません。

また日々作られています。古いものは、オナラとして体外に排出されるか、口から出ていくことになります。

なんと大半は口から出ていっているのには驚きかもしれません。不要なものが出ているのですが、それが実は口臭になっていることもあります。口の中よりも実は腸の中が、あまり状態がよくなかったなんてこともあります。
本来は腸内に善玉菌がたくさんあれば、匂いもあまり気にならないのはずですが、悪玉菌が増えればそれだけ匂いもきつくなったり、臭くなったりとします。

その匂いを抑えるためには
匂いが臭くなるのも、いくつかの要因があります。匂いが臭くなりやすい、またオナラが出やすくなるのは、肉をよく食べる、ニンニクやネギを食べる、野菜や乳酸菌はあまりとらないといったことがあります。

野菜や乳酸菌をとることは、善玉菌が増えることになり、それだけ悪玉菌の働きは弱まりますから、ガスの発生を抑えられるので匂いも抑えられるでしょう。
また炭酸飲料も飲みすぎると、オナラも出やすくなり、匂いもつきやすくなります。炭酸飲料を飲む量を減らせば、回数を抑えることも匂い防止へと繋がります。

あと、オナラを我慢しないことも大切です。我慢しすぎると、余計に貯まってしまい、それにより余計に匂いもキツくなるのです。ですので、なるべくはトイレなのでだしたほうがいいのです。また、朝や食事後など、ある程度決まった時間帯に出す習慣をつけておくと、溜まりにくくなり、匂いも防止になるのです。

あと、運動をすると腸の働きもより活発になって、排便もやりやすくなります。するとオナラも出やすくなって、たまらなくなるので匂い防止へとなっていくのです。
もしも、匂いが気になってきたら、食事と運動と排便を意識してみてはどうでしょうか。