体内でガスが発生しやすくなる要因とは

ガスが溜まりやすくなる要因とは

まずは、食べ物があります。食べ物も発生させやすくなる物があるのです。よく聞くのは、いも類ではないでしょうか。これは、食物繊維が豊富にあって、腸で消化されるときに発生してしまうからです。他にも豆類やキャベツなど、野菜類を食べていると貯まりやすくなる傾向があります。

また、肉類もやはり貯まりやすくなります。肉類も腸内の悪玉菌を増やしてしまい、それが臭いを発生させてしまいます。また消化にも時間もかかるので、なおさら発生してしまいます。あと、肉類を食べすぎてしまうことでも、消化が遅くなり、余分に発生させることになるのです。

あと、飲み物でも炭酸を飲んでいると、それが変化していき、ガスとなってしまうことがあります。ビールを飲んでいるとそれだけ貯まりやすくなるのです。

また、食事に関連していることと言えば、食べるときにあまり噛まなかったりすると、消化にも時間がかかるので、その分腸内でくさっていき、それによっても発生するのです。よく噛んでおくと、それだけ消化も進みやすくなるので、発生を抑えられるでしょう。

あとは、ストレスがあると、発生する人もいます。また緊張すると発生する人もいます。これは、ストレスや緊張が副交換神経の働きを悪くします。すると、胃腸の働きが悪くなるので、先にもあるように消化が進まなくなり、結果として腸内に貯まるのです。

あとは、病気のサインなんて場合もあります。

もしくは胃腸の働きが弱くなっているなどの場合もあります。オナラがよるようならば、まずは胃腸を整えてみてはどうでしょうか。
さらに個人差もあるでしょうが、禁煙をした人は、回数や匂いが臭くなるなんてこともあります。禁煙で腸内の働きにも影響していることが原因のようです。

こうしてみると、食べ物の影響かまた胃腸の働きの影響によるものが多いです。
若い頃は気にならなかったのに、年をとってから、回数が増えたなんて人は食生活をちょっと見直した方がいいかもしれません。若い頃よりも食事の内容を考え、胃腸のことをいたわることが必要になっているのでしょう。