体の中でガスが発生する仕組みとは

オナラも、体内でどうやったらできるものでしょうか。人によっては、何十回も出てしまうなんて人もいます。女性だとなおさら恥ずかしくて我慢してしまうでしょう。しかし、それが逆に体に悪影響をあたえることもあります。ですので、まずできる仕組みを知っておきましょう。

まず、その成分ですが炭酸、水素、メタン、酵素などで大半の70パーセントを占めます。さらに残りの20パーセントが血液に含まれるガス、そして最後に残った10パーセントが食べ物が消化されるときに発生するガスなのです。この中に硫化水素などがあったりして、臭いもととなってしまうのです。

普段は、この消化されるときに、菌で善玉菌が働いていれば、あまり匂いはしないはずです。もし、悪玉菌かより働くと匂いが臭くなる傾向にあります。つまりは腸などの消化の働きの調子が悪くなっている可能性もあるときうことです。

この悪玉菌で増えてしまう要因として、1つにオナラを我慢してしまうことにあります。やはり出したくなったときに、出した方が体からでるのでそれだけ悪いものがたまることはありません。

そうなれば、体の中の臓器にも影響することはありません。しかし、我慢しているといつまでも体の中にガスもたまり、それによら悪玉菌が増えたり、消化器系の働きに悪影響を与えることもあります。また便秘を促進してしまうこともあります。

すると、余計に便もたまり、それがオナラを臭くしてしまうのです。
あと、実は空気を取り込みすぎると、それが腸内にたまってしまうなんてことも仕組みの1つです。ですので早食いをしてよく噛まないのも、影響しています。
他にも炭酸飲料をよくとっていると、炭酸が腸内にたまっていくというケースもあります。

体の中でガスができる仕組みもわかると、人前以外では出した方が体にもいいことがわかってくるでしょう。我慢しすぎないことも大切なのです。時には、たくさん発生してしまうのは、別の病気によるものや胃腸の働きの低下によることもあります。仕組みをしることで、体調管理にも繋がります。